デリヘルで呼べるご近所さん無料ネタバレコミック

デリヘルで呼べるご近所さん はじめにあらすじ

デリヘルで呼べるご近所さん
スマホでコミックの中身をネタバレあらすじ無料立ち読みできます

電話一本で女生とエロいことが出来るデリヘルというシンプルな遊びを、少し複雑な遊びにかえてしまったきっかけ…..

それは酔った勢いから始まった。

数か月前、地元から少し離れた繁華街で飲んだ帰りのこと。

検索でも最後の方に出てきた、人妻系の地味なサイトで……..

見覚えのある口元を、見つけた。

デリヘルで呼べるご近所さん 漫画の内容「小幡梓と」

はい….

どーもーっ
隣の人妻です

チェンジ!

なんでよ!

なんでお前が来るんだよ~

フリーにしたじゃないか~

だって電話番が、大崎さんって言ってたからさ~

だったらあたしが行く!っていう立候補

こいつは小幡梓「おばたあずさ」(30)

数か月前、15年ぶりに再会した幼馴染だ。

当時はご近所さんということもあって

親同士の付き合いもある仲だったが、

中学に進学してから話す機会も激減。

そのまま卒業を迎えた

思い出も薄れ、記憶に靄がかかったいたというのに……

ホームページの宣伝写真の口元だけで、すぐにピントきた。

「梓だ」と。

それ以来、俺は梓を本指名しているわけだが…

「あのさ、俺だってたまには他の子と遊びたいんだよ」

「だったら他のお店を使えばいいじゃん」

「隣の人妻は俺のお気に入りなんだよ」

ならあたしが出勤してない時間にすればよくない?

あー言えばこー言うなお前は!

昔はもっとおしとやかで可愛かったぞ!

ショウちゃんこそ昔はもっと小さくて可愛いチンコだったのに!

何の話だ!

ナニの話じゃん!

小幡梓とはだいたいいつもこんなノリだ。

お互いにそこそこ成熟した歳での再会ということもあり、とにかく気楽な関係だと思う。

ぶっちゃけ今日もいつも通り梓を指名するつもりで店に電話したのだったが、

「あ、大崎さん。梓さんですよね?」

とさも当然のように電話番に言われたことが癪にさわり、

「いあや、フリーで」

と切り返してしまっただけのことだ。

来たからにはしゃぶってくれよな

めっちゃ勃ってるし

お前が相手だからって勃起してるってわけじゃな~

はいはい分かりましたっ

言われなくても即尺しますよーっ

お。。。

うぉっ ちょっ激しいって

お、お前フェラ上手いんだからっセーブしてくれないと

んぐっ

ガン無視か…いや、まあすっげえ気持ちいいからいいんだけどっ

根元まで深く銜え込み下品な音を室内に大きく響かせる。

それでいて繊細に舌を動かして裏筋を刺激する極上の舌使いー

「すっげぇ 気持ちいっ 頬にあたる感じがもぅ…っ」

「こーお?」

「うおっ」

「そっそれ…っ 背筋ゾクゾクするっ」

「ん~」

「うおっ…てかお前さ しゃぶってる顔が嬉しそうでエロすぎんだって…っ」

「ん~??だって美味しいんだもん」

「んな…美味しいなんてあるかよっ」

「んふふ~めっちゃあるんだなこれが」

それとお..

うおっ

この後出てくる白いのがめっちゃ美味しいんだよね

そういやオナニー覚えたての頃、当時胸が大きくなり始めていた梓をオカズにしたことがあったな…

エロ本を片手に頭の中で梓が大人になったらなんて妄想しながら

「あ、梓…..っ 俺、もう…っ」

ん~

で、出る…..っ

イクッ!

我ながらバカみたいに射精が止まらない。ドクドクと脈打ちながら、とめどなく幼馴染の口の中に精液を吐きだす。

「や、ヤバイ…っ まだ出るっ…っ    うぅ…っ」

んふふ~すごい量

そ、そんなにでもないだろ…

何かいつもより多いよ-もしかして溜まってた?

ほらっうわっすご

いや、量がすごいっていうか….

梓のその感じがエロくて…

何それw

幼い記憶にはないザーメンにまみれた口元。実際に大人になった梓は、

エロ本片手の稚拙な妄想をはるかに超えるスケベな風俗嬢になっていた。

ん…挿れる?

あぁ….できれば生でしたいんだけど

指名もしないで本番要求…しかも生?笑

じゃあ指名したらさせてるのか?

冗談いうなし-w

….ていうかショウヤを客だと思ってないし…..

でもな~アタシが相手で勃起してくれるかな~w

根に持つ奴だなぁ…..

確かめてみろよ

あはっめっちゃ硬いぃッ

当たり前だろ

だってぇ

やっぱり嬉しいもんっ

あんっあんっおチンポいいよぉ

下品だぞ梓 おチンポだなんて

だっ、だって前にそういえって言ったじゃん~っ

そうだっけ?

じゃなきゃ言わないしっ

んあっ

そこっ ヤバイっ

梓が下品で可愛らしいから俺は嬉しいんだ

ご褒美にいっぱい突いて」やるぞ

か、可愛いとか言わないでよぉ

喘ぎ声がワントーン上がり、マンコがキュウキュウ締め付けてくる。

幼馴染の乱れっぷりに答えるべく、フィット感の増した膣内の奥までチンコをねじ込む。

全部出た?

膣内のあったかい感じが気持ちイイのっ

ズブンズブンと思い切り子宮の奥まで突きまくると、

それに合わせて梓が腰を浮かせ深く繋がりあう。

んああ精子が子宮に届いてるう

激しく身体を重ね終わった二人は仲睦まじく、ベッドで寄り添う。

梓にとってショウヤは初恋の人でもあった。

そうだ金払ってなかったわ ほいちょうど

数万円の万札を差し出すとそのうちの半分だけが
すっと抜き取られる。

いいよ お店の取り分だけ貰っとく

—–一週間後梓との濃厚すぎるセックスによってダウナー状態がしばらく続いていたがそろそろムラムラと性欲が湧いてきた」。

今夜はシンプルなセックスをするべく、もう一人のご近所さんをデリバリー予約済みだ。

デリヘルで呼べるご近所さん

スマホでコミックの中身をネタバレあらすじ無料立ち読みできます

デリヘルで呼べるご近所さん 漫画の内容「井上友梨佳ちゃん(24)」

よっ

大崎さん~っお久しぶりですっ

お久しぶり

といっても昨日も顔合わせてはいるんだけど

それはほらっ別の世界の話ということで

そういって口に手を当て「ウフフ」と笑う。

相変わらず男受け抜群の仕草を心得ている子だ

井上友梨佳ちゃん(24)源氏名はユカリ。

友梨佳ちゃんは梓とはまた別のデリヘルで働いている。

梓との再会で

「これは他にもデリで働いている知り合いがいるかもだぜ!」

と性的な興味を抱いた俺は、近場のデリヘルサイトを片っ端から検索しまくった。

その結果、白いボカシの入った友梨佳ちゃんを見つけたわけだ。

彼女と話したのは実は指名した時が初めてだった。

それまでは本当にただの顔見知りだったわけで-

「大崎さんってば会釈するだけで絶対話かけてこないですもんね」

「犬の散歩中にすれ違うだけの顔見知りだからさ。そこは踏み込んじゃいけないかなーって」

「なんですかぁそれw散歩中に話すぐらいいいじゃないですか」

「プライベートに立ち入るのはさすがにね…」

「最初に友梨佳ちゃんを指名したときだって嫌がられたらどうしようかと思って、

内心ビビッてたしさ」

「ん~でも大崎さんは大丈夫でした」

「嬉しいこといってくれるね」

「ぶっっちゃけ散歩中に会うたびに勃起しちゃうよ」

「私も思い出しちゃう…」

「なにを?」

「大崎さんとエッチなことしたこと」

「そりゃあ申し訳ないな…俺の散歩コース変えようか」

「ダメですよそんなの」

なんで?

ダメなものはダメです

友梨佳ちゃん…積極的過ぎやしないか?

何のことですか?

舌を動かしているのは大崎さんのほうですよ

と、いうことにしとくか

しといてください

はあっはあっ そんなにおっぱい揉んだらだめですよぉ

何で?

だってえ おっぱいはだめですよぉ

全然答えになってないぞw

…もしかして興奮してきちゃった?

ん~わかんない

分かんない、といいいつつモゾモゾと下半身を動かす友梨佳ちゃん。

濡れやすい彼女の体質からすると既に挿入準備OKな状態だろう。

だがその前に….

うわっおっきい……

それに匂いが….

ははは 俺は昼間からこんな状態でな

パンツの中はカウパーだらけだ

えーw でもこの匂い…

ちょっと好きかも

ちょっと?めっちゃじゃなくて?

ちょっとですよ?

…..口に入れていいですか?

断る男がこの世にいるかね?

じゃあ失礼して-….

その小ぶりな口からは想像できないほど大胆にチンポを銜え込み、

舌をチロチロと動かし始める。

舌でカリの裏を….最高にきもちいいねぇ

うはっ今度は舌をぐるりと

たまんないって

下品な音を立て、外気に触れていたチンコが再びヌメヌメとした口内に飲み込まれる。

やばい そんなに激しくされたらもうッ

んはぁっ 早いよー

溜め込んでたことを踏まえればガマンした方だ

そうかもだけどぉ ウフフ まっいっか

大崎さんって絶倫だもんね

すっげえ濡れてる

キスんときにもうこんな状態だったでしょ

だって大崎さん上手いんだもん~

そーお?

外でも顔見てるし

そういうオプションで興奮するの分かるよ

オプションって言わないでくださいっw

あははでも本番はオプションだよね?

それは裏オプションですね

ごく一部のお客様にしか提供していません

ほう…..ごく一部ね

ええ、ごく一部です

じゃあその裏オプいただこうかな….勿論ナマで…ツ

んはぁ

ふぁっ

ごく一部のみ味わえる裏オプション

マンコにぬるっとチンコを滑らせる。

安産型特有の大き目の膣内は肉厚がハンパなく、

圧迫されるような極上のハメ心地だ。

おぉ…

ふぅ~ー…

あんっ中でさらに大きく…

この肉厚マンコに入るとチンコが元気になるんだよね

何か言い方下品ですよぉ

下品なのは友梨佳ちゃんの身体だよ

おっぱいはもちろんマンコも

乳首も…何もかもでかいじゃないか

大崎さん…ひどいよぉ…

ひどい?そういわれて感じる淫乱なのに?

違うもん~っ

ん?違うの?

大崎さんの前ではそうなっちゃうのかも

そうそうそういう素直なとこがまたかわいいんだよなあ

んもぅ~

味わうねえ…俺のチンコを

そーこういう濃厚な挿入って好き

でもそろそろガンガンいこうかと

あ、それも好き

何でもいいんじゃないかw

違うのお 好きなおチンチンだから

密着しているとハリのある太ももや尻が触れ合い、

これが実に気持ちよい。

ほらっじゃあその大好きなチンコでガンガンついてやるよっ

挿れるときはズルッと入り、抜き出すときはキュウっと締め付ける-

まるでしゃぶりついてくるような卑猥なマンコを乱暴にかき乱す。

んはっ あんっ すごいぃ

大崎さんのチンチンがぁ ずぶずぶしてるのきもちいいのぉ

ははっ友梨佳ゆあんは可愛いなぁ

出てるぅ すごいドクドクしてるぅ

全部出ました?

でも友梨佳ちゃんイってなくない?

ガマンしてたんですっそしたらイキそびれました

なんというw

だからぁw

友梨佳ちゃんがぐるんと身体を起こし、体勢を変える。

友梨佳ちゃんは俺の返事を待たずして腰を動かし始め、ヌルヌルの膣内に再びチンコが締め付けられる。

バイブ代わりに人のチンコを使うなんて本当にどうしようもない

淫乱だな

そっ うん あぁん んぁ あんっ休んでって言ったのにぃ…

ここまで深くは自分じゃ挿せないだろッ

あぁん そ、そんあ奥っ

休憩できませんでしたね

全くだ

ごめんなさいっw

変わりに….パイズリ休憩とでどうですか

デリヘルで呼べるご近所さん

スマホでコミックの中身をネタバレあらすじ無料立ち読みできます

本当に友梨佳ちゃんってエロいよなぁ

会社でめっちゃ言い寄られるでしょ?

う~ん…絡んでくる人は確かにいます

そういうのってどうするの?

え 当然スルーしますよっ

かわいそうに…知り合う形が違えばチンポしゃぶってもらえたのにね

うふふ それも運命ですね

ところで今日はめっちゃ荷物多かったね

あ、最終枠だからこのまま直帰なんです それで…

会社の制服をクリーニングに出すから持って帰ってきて…

クリーニングってあの駅前の?

ですです

俺もそこ使ってるwあそこの受付の女性めっちゃ綺麗でエロくない?

あ、わかるっ 何か美熟女っていうか…

その上おっぱいもめっちゃでかい

大崎さんって大きいおっぱい大好きですもんねぇ

そうそう大好き…って急にそんな吸い付き…ッ

友梨佳の大きいおっぱいじゃ足りないかなぁ?

いや、友梨佳ちゃん 嫉妬するようなキャラじゃないでしょっ

ウフフ 大崎さんが思ってるより面倒な女かもですよ

おおッ そんなに圧迫して絞り上げたら…ッ

どうなっちゃうんですか?

友梨佳のおっぱいがそんなにいいですか?

ゆ、友梨佳ちゃんのおっぱいがイイっ

だからそんなに…ッ

あらら おチンチンから汁がでてきた

おおっギュウギュウおっぱいで締め付けられて….ッ

本当に大好きなんですね 友梨佳のおっぱい

ビクンビクンって反応しちゃって可愛い

す、好きッ

おっぱいも口マンコもッ

じゃあ 友梨佳のおっぱいと口マンコで 搾り取っちゃうぞ

ごちそうさまです

デリヘルで呼べるご近所さん

スマホでコミックの中身をあらすじネタバレ無料立ち読みできます

お仕置きだからねったっぷり責めてあげよう

ああぁっ こんなのっ

ダメぇ…はぁん

どう興奮するでしょ

し、してないもんっ

俺はめっちゃ興奮するなぁ

いつもこの制服着て昼職してんだもんね

す~は~あぁ 友梨佳ちゃんの匂いと会社的なものが混ざってソソるわ

んもぅ~何か変態っぽいよぉ

ほら やっぱ興奮してる

こ、これは大崎さんのおチンポのせいで制服は関係ないのぉ

おほめに預かり光栄だけど会社の奴に犯されている気分になってもいいんだよ?

ね、井上さん

名字で呼ばないで下さい~っ

ああぁんっ

はあっ ひうっ あぁん

おおっと締め付けが強くなってきたぞ

あっ

どったの?イキそう?

んっ

お、大崎さんが社内に居たからって…考えてっ

ほほう俺が社内に?

そしたら一日中ずっと…っ

意識して濡れちゃうって?仕事上がってアフター5で即パコ的な?

言い方ぁっん

ちなみにその場合の料金は?

んっはっホテル代だけっんっ

最高かよ そしたら毎日オナホ代わりに使わせてもらおうかな

こんな感じで-

はあ…大崎さん

ん?

うちの会社今人手が足りてないんですけど….

マジで入らないのかって?フフ…ジョークが過ぎるぜ

本気なのにっ

じゃあまた明日、な

話しかけてこないくせに~

ははは彼氏によろしく

よろしく言えるわけないですっw

デリヘルで呼べるご近所さん

-数日後

それであたしが新人研修してあげたんだけどさ~意外でびっくりしちゃった

マジかよ….あのいつも笑顔で伝票を書いてくれるお姉さんが…

あの超絶官能ボディのお姉さんが…

….ムフ

…..今ムフっつったよね?

ふははははは

テンションこわっ あ~言わなきゃよかった~あんたってあの手の人妻系が好みだったのか~っ

ノンノン 俺の好みは-

エロい水着で俺の上に乗ってる幼馴染の方さ

はいはいていうかコレ勝ってきたの?

うん 秋葉のエムズで

何その謎の行動力

梓に似合うの探そうと思ってさ

うるさいし-…

んでこの前の浮いた金で買ったの プレゼント フォーユー

それはまぁ…ありがと でも水着って室内で着ると恥ずかしいんだけど…

だよね 故に男は興奮するんだよね

全っ然わかんな…..ぃっ

あ~水着っていいな~ぴったりと張り付いたテカテカ感がありながら、

下着とは違うサラサラした触り心地が両立した最高のファッションだぁ

どういう解説…..よっ

梓のトウの立ち始めた肌がまた合うんだよな…..

この水を弾かせるようなざらついた柔らかい肌がさ….

小刻みに揺れる肉感がいやらしさを倍増させる

それって完全にディスってる…..でしょっ

いや、褒めてるよ

どこ…が…っ

ダメダメいうたびに膣内が収縮しチンコをギュウギュウ圧迫して来る。

肉ヒダのざらつきを味わいながらピストンとクリトリスへの刺激を続ける。

「まだまだ出るんじゃないか?」

梓は首を振り拒否るが、当然スルーしてクリトリスを掴みあげる。

痙攣する梓の身体をガッチリと抱き、潮吹きが続く限りクリへの刺激とピストンを続けてやる。

デリヘルで呼べるご近所さん 漫画内容「青山さん(35)」

-翌日 18時

それではYシャツが2点と、ジャケット1点をWクリーニングでお預かりしますね。

お願いします

….はい、こちら伝票です。いつもありがとうございます。大崎さん。

いえ…お礼を言いたいのは僕の方ですよ

青山さんにお会いするのは目の保養になりますから

もぅ…大崎さんったらお上手ですわ

フフ…お上手なのは口先だけではないかもしれませんよ

え?

それじゃまた-

だ、ダメです….大崎さ….ん

ん~そこは「お上手ですわ」と言ってほしかったなぁ

ど、どうして大崎さんが…っ

偶然ですよ 青山さんの在籍することになったお店は僕のオキニでしてね

お蔭でこうして青山さんの極上ボディを堪能する機会に恵まれたわけです。

ん…っ む、胸をそんな…っ

揉むな、と?無理な相談です

こんなに大きくて柔らかいおっぱいですよ?

んあ…っ

口開け客が俺という状況を前にして、最初は当惑していた青山さんだったが、

デリヘル嬢という仕事の性質と俺のパッションの高さを前に押され気味のようだ。

アナルOK、だと伺っているのですが…

ぁ…..はい

頬を赤らめ、頷く青山さん。

ジーザス……昨日電話予約していたときに既に聞いていたことだが…

やはり本人の口で肯定されると驚きが隠せない。

そもそもAFオプ可能な嬢なんて店舗ごとに一人居るか居ないか。

青山さんでそれを味わえるとは….!!

本当にすごい肉厚ですね…完熟だ

恥ずかしいです…..

恥ずかしい…ね そのせいかな-

それまでの焦らした態度は一体なんだったのか。アナルにヌルヌルと挿入した途端に

下品な喘ぎ声を上げる青山さんとんでもなくエロく仕上がったケツ穴に吸い込まれる。

お尻になんですって?

おちんちんがぁ

なかなか体感することのないケツ穴の刺激は思いのほか強く、

激しく出し入れを繰り返すと一気に精液が上昇してくる。

あぁ下さいっ

何をどこに欲しいんですかッ

お尻の中に大崎さんの精子をぉっ

アナルに突っ込んだチンコをしゃぶらされてねじが飛んでしまったのか、

美岬さんはAFの時以上の乱れっぷりだ。

んふぅっ

あぁっ

ふぅっ

そんなにチンコが美味しいんですかっ

はぁんっ

美味しいですっ このおチンポ美味しいですぅ

出てるうぅぅぅっ 精子いっぱいぃぃ

大崎さん…確かYシャツとジャケットが金曜日仕上がりでしたわね?

え…? あ、あぁ…….

確かそうでしたね

20時に仕上がりますが…

お受け取りに来られますか?

20時?確かお店は…..

急にお昼の話をするから何かと思ったら

「なるほど そういうことですか…っ」

デリヘルで呼べるご近所さん

スマホでコミックの中身をネタバレあらすじ無料立ち読みできます

デリヘルで呼べるご近所さんはスーパーバッドさんの漫画です。

第1話 デリヘルで呼べる幼馴染とイチャイチャプレイ

第2話 指名なしでも中に二発の裏オプション

第3話 デリヘルで呼べる清純派OLとド淫乱プレイ

第4話 客のチ〇ポをバイブ代わりにズコバコ

第5話 OLの制服でコスチュームプレイ

第6話 肉感的な人妻に禁断のAFオプ

第7話 後ろの穴だけじゃ我慢できないエロ人妻

デリヘルで呼べるご近所さんDMMさんでのユーザーレビューや感想

おおむね好意的ですが、人によって好みは千差万別です。よくお読みになってご検討ください。

ではでは

三人のデリヘルうちにも欲しい・・・(笑)

画もシナリオもストーリーも文句無し オススメです
特に画が☆6 うちの近所にもいないかな~・・・(笑)

俺的には満足

この3人を主軸に続編希望!!!
幼馴染、OL、クリーニング屋の定員との関係がどうなっていくのか気になる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする